自分の世界から新たに1歩踏み出すには。。。

EZ029_L

無意識の尼寺を出るには、どうしたらいいでしょうか?
答えはすごく簡単です。ちょっとしたことを実行するだけ。
たとえば女性同士で食事に行くのをやめます。それも意識してぜつたいに行かないよう
にします。この今までの習慣を捨てるという行為が大事。捨てることによって新しい潜在
意識が働き始めます。

とにかくランチは必ず男性と行く。1人でもダメです。もし相手が嫌いなタイプしかい
なかったとしても、あえてその男性と行く。そうすれば気持ちが違ってきます。
これはスポーツにおける筋力トレーニングみたいなものと言えるでしょう。ふだんから
の積み重ねが力になる。まさに恋の筋トレです。

中には嫌いな男となんかランチしたくないし、そこまでして彼氏を作りたくないと感じる人がいるかもしれません。
でも、「面倒くさい」が1番ダメ。面倒くさがっていては恋愛オーラも出ません。
結婚相談所 比較 に登録するだけで面倒くさい事はなく、理想の相手が向こうから現れてくれます。
尼寺、つまり出会いのない世界に入っていては、すでにあなたは恋愛をあきらめている女なのです。

恋愛の1番の障害は「面倒くさい」という気持ち

理想の業界のすき間を狙う

EZ043_L

自分を知って理想を定め、ピンポイント攻撃が恋愛のきっかけを作る行動力です。

とにかく行動を起こさないことには、恋愛の第1歩が生まれません。
ではそれをふまえ、いかに理想を満たすかの方法を考えてみましょう。
商品、つまり自分の理想像と、ピッタリ一致するところを狙えばいい、と単純に思いがちですが、
これだと実はあまり成功しません。売れている商品ではなく、売れている業界の中の一致を狙うのです。
たとえば、アイドルグループをターゲットにするなら、SMAPだと、キムタクではなくくさなぎくんをモノにする感じ。モテている人の集団とモテている
人とのすき間、つまり理想のすき間にチャンスが広がるのです。
「芸能人と恋愛したい」と思えば、好きなタレントを狙っていくと、まわりにもっと素敵な人がいる。

理想の業界には、モノになりそうな人が絶対にいます。
それにはまず、結婚相談所 大阪 へ行かないとダメ。
最初から行くことをあきらめている人が、実際すごく多いのです。これはもう、尼寺に
いるようなもの。キャメロン・ディアスだって、尼寺にいては結婚出来ません。


あなたは無意識の尼寺に入っていないか?

理想の相手はどこにいるんでしょう?

EZ037_L

恋愛はこだわりです。また、こだわることから始まると言えます。
こだわりとは理想であり、理想に対して妥協はいけません。どんなに理想は高くてもいいのです。
一般的に言われる「妥協が必要です」との意見は間違っています。
ただし「お金持ち」とか、あいまいな理想はダメ。あくまで具体的でないと。

例えば「年収1000万円以上がいい」なら、そういう人たちがどういう職業であり、
どういう趣味を持っているか、どんなところに集まるかを考えます。「億万長者がいい」だっ
たら、たとえば、アラブの大富豪とかが、どのあたりで、何をしているかを考える。

「プロ野球選手と結婚したい」でもかまいません。「夢みたいなこと言ってるんじゃない」
とかいう非難は当たりません。プロ野球選手の集まるところへ行けばいいんです。ひょっ
としてイチローとだって、まだスターじゃなかった時代に出会っていれば、もしかしたら
…だったかもしれない。

具体的な自分の理想に合う人たちのコンパに出るとか、
出会い系 サクラいない できっかけをいかに作るかを探す行動力。
実際、これを怠っている人が多いのです。

ピンポイントで行動出来る女は恋愛の勝利者になる

ときめきの有無はどこからくるの?

EZ198_L

好きな人がいません。好きな人が見つかりません。という女性も多いです。それには、
ときめきが関係しています。ドキドキするような感情があるか、ないか、は恋愛や
出会い系アプリ での出会いにとって大きなポイントです。

ときめかない人というのは、たとえ理想のタイプが近くにいたとしても気がつかないか
もしれない。それは大きなチャンスを逃すことになります。
ではどうすればいいのでしょうか?

自分がときめかない理由を探してみます。何か過去へのこだわりがあるのか、過去のト
ラウマにとらわれていないかどうか。いつまでも過去にとらわれていては、新しいものを
受け入れる余裕がありません。人は自分を変えるほどの新しいものが入ってきたとき、途
方にくれるか、感動するかのどちらかです。感動とはときめきです。ときめくには恋愛の
環境を整えることが必要。出会いを作ろうと思ったら、環境に変化をつけましょう。

恋愛のできる環境、自分を買ってもらえる環境、恋愛にとってよい気が流れてくる環境。
これらをいかに作るかは、あとで紹介します。

ドキドキしている女は恋愛チャンスが多い

理想は高くていい

EZ163_L

恋愛の最初は自分が動くことから船まる

ては、誰もがよく知っています。オシャレについては十分な知識を持っています。しかし、

恋愛は行動することが第1歩です。まず動かないことにはいっさい何も起こりません。

ほとんどの場合、みんな考えすぎる傾向があるようです。たとえばファッションについ

その知識が行動力に結びついていないのです。
よい行動力とは、自分の個性を表現することです。ならば個性に合った行動パターンを
探すのが、そのまま恋愛の成功パターンといえるでしょう。

よくある質問は、「行動を起こすにも出会いがない」「好きな人が見つからない」「自分
では好きになりたいのに、好きになれるだけの気に入った人がいない」というものです。
では「どういうタイプの人を求めているのですか?」と聞いてみれば、たいがいが「やさ
しい人」とか、あいまいな答えが返ってきます。まったく具体的じゃない。

実は具体的に理想の範囲を狭めるほど、出逢いがない 社会人 での出会いは多くなるのです。ピンポ
イントで明確な理想をもつほど、素敵な出会いに恵まれるのです。

理想は高くていいし、妥協する必要はまったくないのです。

理想は高く具体的にして行動しよう